あの時、私は若かったし、一番好きなのは、下水を捕まえて鱼です。夏の日の正午ごろ、われわれは一群の半大の子どもたちは、より広いの内に集まった水を搅浑,浑水摸鱼だった。1昼に触ることができる何匹かフナサケ、時にはに触ることができる一两条ガンギエイ、あるとき私はまだ探って一条かるた多重の鲶。ナマズ俗称で口を渡す鱼は、他の魚類のキラー、ナマズ所他の魚が逃走した。私は即答を避けたとて自宅に戻り、お父さまはなまずと言えるかもしれない。たまに戦慄が入ってきた。このようなはんぺんスンドゥブ、無とげ、とても美味しかったです。时、私达が沟边とぐ一部のカニや黄鳝、家に帰って蒸し著、炒めて食べていました。

xutiyituerae 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()