目前日期文章:201609 (2)

瀏覽方式: 標題列表 簡短摘要

一行はザカーズ皇帝の賓客としてマロリー軍野営地で約一週間ほどを過ごした。どういうわけか皇帝はセ?ネドラ王女らといることに、ものうい喜びを抱いているらしかった。皇帝の一族だけが住まう、絹製の大天幕や天幕の迷路のなかにかれらは居室を与え公開大學 課程られ、さまざまな生活の便宜は他ならぬザカーズ自身より与えられていた。
 セ?ネドラはこの不思議な、憂うつな目をした人物がよく。ふだんのザカーズは丁重そのものの礼儀正しい人間だったが、ゲゼール王との会見のもようが彼女を怯えさせていた。どんなときでも平静を失わないことが、その冷酷さをいっそう恐ろしく見せていた。かれは決して眠らないようだったし、しばしばま夜中に話し相手が欲しくなると、セ?ネドラを呼びにやった。だが皇帝は王女の眠りを乱したことを決して詫びることはなかった。深夜の呼び出しが、相手にとって迷惑かどうかすらも念頭に浮かばないらしかった。

文章標籤

xutiyituerae 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()


「こんな過激な運動は体によくないのよ」ポルガラがあえぎ続ける王にむかって言った。「いったい何で、あんなに頑固に拒否したの」

文章標籤

xutiyituerae 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()