目前日期文章:201611 (2)

瀏覽方式: 標題列表 簡短摘要

「当然でしょう。レオンが諸悪の根源なのよ」
 ベルディンは思案げにガリオンを見つめた。「ベルガリオン、おまえが戦略にたけているのはたしかだが、今回はおまえの考えがよくわからんね」

xutiyituerae 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()


 次の週になると、雨をともなった突風が〈風の海〉の沖あいからふきつけ、冷たい強風と横なぐりの激しい雨が岩だらけの島をかきまわした。リヴァでは長期間快適な天候がつづくことはありえなかったし、この夏の嵐もごくありふれたものだったので、リヴァの人々は優悅 避孕これも自然のなせるわざとして、平然と受け入れていた。しかし、もっと南の陽光あふれるトル?ホネスで育ったセ?ネドラは、空が鉛色になって湿り気をおびはじめ、じっとりした冷気が城塞に侵入してくると、ふさぎこんでいらいらし、いつもの元気をなくすのだった。こういう悪天候をやりすごす方法として、彼女はいつも暖炉のそばの大きな緑色のビロードの肘かけ椅子に暖かい毛布と、一杯のお茶と、さまった――本はたいていアレンド風の恋愛物で、現実にはありえないほどすばらしい騎士と、半永久的に不幸の瀬戸際にいる嘆きの乙女たちがうんざりするほど登場する内容だった。しかし、外に出られない状態が長くつづくと、セ?ネドラはいつも最後には本をほうりだし、ほかの気晴らしをさがしにいった。

xutiyituerae 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()