あの時、私は若かったし、一番好きなのは、下水を捕まえて鱼です。夏の日の正午ごろ、われわれは一群の半大の子どもたちは、より広いの内に集まった水を搅浑,浑水摸鱼だった。1昼に触ることができる何匹かフナサケ、時にはに触ることができる一两条ガンギエイ、あるとき私はまだ探って一条かるた多重の鲶。ナマズ俗称で口を渡す鱼は、他の魚類のキラー、ナマズ所他の魚が逃走した。私は即答を避けたとて自宅に戻り、お父さまはなまずと言えるかもしれない。たまに戦慄が入ってきた。このようなはんぺんスンドゥブ、無とげ、とても美味しかったです。时、私达が沟边とぐ一部のカニや黄鳝、家に帰って蒸し著、炒めて食べていました。

でも、いちばんにぎやかな时、やはり「攉」のものだ。これは私ども特有の一種である食らいつく鱼ありませんて、つまりは一条沟の両端都築ダムには、そして水桶に綱は二つ壮汉提げて外をのぞいて攉、水、水に最善を尽くした魚が出たら、すなわち本で言った「竭泽而渔」だった。これは1つのムードが工事を買い求める人が何人いるか小雨頭、半街の若者たちと一緒に半日、カンフーの才能が水を攉乾かす。この時点で、あの大小さまざまの鱼には障害が水中にここでは、ほとんどの人はみんなでじゅうに飛びかかり、溝を捕まえて1バレル当たり1バレルげなティクリートに鱼です。収穫が一度に数百斤、ひいてはにつかえる。kimio几つかの若年寄り(あがうつぶせに数十時間、固まりに帰小雨の相手に、ひとに積まれているが、小積まれているにしてくれそうな人だと発表した。父親はお手伝いのも悪かった数件の、私は母が煎に持ち込んで、家族全員が爆破调理を喜んで改善した1次生活を送っていた。

私达の人と会って豫东言叶があったこの言葉で、名前を「飲む茶碗茶ましょう」この茶わけではありません。人々は今)で饮(の)んだ。何かを乌龙茶(ウーロンちゃ、红茶なんかしたお茶をしたのではなく、一部の植物の葉の中に入れたりする「ろば口を一つの陶器の缶」の中で、そうした沸騰しているの白水疱が出ていたのだ。これらの葉があぜに注目している。

端午の节句の朝は、家々摘み取り茶葉の季節。これは毎日刚春春亮、母親は起きて上程かごをとって、鎌を、静かにここを訪れた仲だで、竹藪の中に、沟边で采割り、東方日の出露の雄大される前に、かごを背负ったが所狭しと茶で帰ってきた。私は別に見ると腦部發展なに竹のひらきましたよ、この花だとか、楡葉はね、甚だしくはの家計を圧迫する小杨叶ですね!私は言います:「あっ、これはすべて茶葉んじゃありません」お母さんは笑いながら言いましたそうだな、はいずれもお茶だった。端午のある日は、日の出露雄大以前の摘み取り葉、葉、たとえ有毒な小糠雨眼はいずれも茶葉、水が败火覚醒だ」と話した。あ!そうだったのか。母という朝摘み取り茶の葉を故郷で十分で十分で1年になる。

    全站熱搜

    xutiyituerae 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()