と素っ気ない返事が返って来た。
『のぞきからくり』は、17世紀頃には、すでにあり大正時代頃まではあったようだ。
それに取って代わったのが、であるキネトスコープ(Kinetoscope)。

トーマス・エジソンの発明(1891年)だという。
これこそ、構造的にも『のぞきか個人化護膚らくり』そのもので、
一人一人がのぞき穴から映画を見るものだったそうだ。

これを改良し、スクリーンに投影する現在の映画のような形に変えたのが、
フランスのリュミエール兄弟。
それ以降の発展は、目覚ましいとも言える。

フランスには、どこか「映画の本場は、ここにあ護膚品個人化り」という自負がうかがえるのは、
そのせいかもしれない。

エジソンには、発明家としてのウラ面があったと、昨今言われているが、

最近、言われるiPHONE 5 には、
中空のスクリーンに投影されるような装置もつく予定だとか。
「のぞきからくり」から映画へと変遷していった歴史を投影しているような所がある。

やはりスティーブ・ジョブスは、偉大だという気がする。
iPad は、コンピュータの世界をすっかり変えてしまうほどの発明だろう。

一人のひとの創造力が、世界を大きく変えるのを
数年のうちに見たような奇跡の改善膚質中にいるような気がする。

そのような時代の変化と裏腹に、私の頭のどこかで、
いかにもアナログ的な
「からくりバッタン」という唄が聞こえてくる。
 

    全站熱搜

    xutiyituerae 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()